自分にあったカードローンを選んで良い借り入れにしよう

約定返済額は低い方がいいのか

約定返済額は低い方がいいのか

約定返済額とは、毎月カードローン会社の返済日に、返済を求められる金額です。カードローン会社によって金額が異なりますが、借入残高などの条件によっても異なります。例えば10万円借入れした時と200万円借入れした時では、約定返済額が異なるのは当然です。約定返済額は借入額が大きい程増えていきます。

 

ただし、中には1万円などの少額の借入れをした場合にも、約定返済額が1万円というカードローンもあります。一方で、1,000円で済むカードローンもあります。これは人によっては、金利よりも重要なポイントとなります。

 

好みによる所もありますが、約定返済額は低い方が一般的には好まれます。毎月の返済の負担が軽いのもそうですが、やはり約定返済額は少ない方が、カードローンとしては利用しやすいです。

 

カードローンの返済方法は約定返済だけではありません。約定返済とは別に、追加での返済が可能です。約定返済ではなく、随時自分のタイミングで好きな金額を返済するのを随時返済といいます。

 

約定返済額が多い場合、その月のお金のやり繰りが難しい時でも決まった金額を返済しなくてはいけません。しかし、約定返済額が少ない場合には、余裕がない時には最低限の金額を、余裕がある時には多めに返済をと、融通を利かせられます。

 

約定返済額が少ない方が、返済に対しての自由度が高いので、メリットがあります。また、配偶者の収入で借り入れを行う専業主婦が使うカードローンの場合には、毎月の約定返済額が重要となるので気をつけてください。